ユ・リ・パ Ready Go!

今日はFF10-2についての説明を書いてみます。
FF10-2ってどんなゲーム?
FF10-2は前作FF10のキャラクターや世界観を受け継ぎ、その続編として登場したゲームです。
ユウナ、リュック、パインの3名を中心に構成されるスフィアハンター「カモメ団」が飛空艇でスピラと呼ばれる世界を飛び回り、さまざまなミッションをこなしていきながら、再び悪に蝕まれようとしているスピラを救うという物語です。
「再び」というのは、主人公ユウナはかつて召喚師としてスピラを1度救っているからなんですが、詳しいことは私はよく知りません。FF10プレイしたことないんですごめんなさい。
ミッションはたくさん用意されていますが、ストーリーを進行させるのに必要なものは限られており、RTAでは基本的にそれらの必須のミッションだけを行うことになります。
なおクリア条件は普通にラスボスのシューインを倒し、THE ENDの文字が表示されることとします。
ティーダ復活関連のイベントは行いませんし、ましてコンプリート率100%などにはしません。
というかティーダって誰?

攻略のポイント
FF10-2のゲームバランスを語る上で欠かせないのが「キューソネコカミ」というアクセサリの存在です。
これを装備すると、そのキャラが瀕死状態のときに、与えるダメージ値などがすべて9999になるというとんでもない代物です。
比較的早い段階で入手可能で、入手後はこれを使用してあらゆるボスを瞬殺していくことになります。

単体で使用しても強力無比なキューソネコカミですが、その破壊力をさらに強化するために次の方法を使用します。
それはシーフへのドレスアップ。シーフの特性として1回の攻撃で2回ダメージを与えるというものがあるので、キューソネコカミ時ならば9999×2=19998のダメージを与えることができるのです。
またシーフで取得することができるアビリティ「さきがけ」を用いると必ず先制攻撃ができるので、これと組み合わせることで、先制の一撃で一瞬にして敵を葬り去ることも可能になります。
これらの点から、シーフはキューソネコカミとの相性が非常によいと言えるでしょう。

…とまあ偉そうに語ってみましたが、すべてアルティマニア(株式会社スタジオベントスタッフ)の受け売りです(ぉ
同書の続編であるアルティマニア・オメガには詳細なタイムアタックチャートが掲載されており、今回のRTAでは概ねそれと同様の戦術となります。独創性がなくてごめんなさい。
ただそのチャートは通常のRTAとはやや趣向の異なるものになっているので、普通にクリアする分には不要になるような行動も含んでいますし、一連のラストバトルに関する記述もありません。
その辺りで何とか自分なりの戦術を取り入れられればと思っています。

Comments are closed.