俺たちが乗った列車は途中下車できないんだ!

今日はFF7についての説明をします。FF7はオリジナル版とインターナショナル版の2つが発売されています。今回はオリジナル版でRTAを行います。2つの間の差異を考えると

オリジナル版でやるメリット
1、てきのわざ「チョコボックル」が非常に強い(※1)
2、メテオ発動からティファ覚醒までのイベントが短い
3、「第十属性」が存在する(※2)
4、ダイヤウェポンと戦わなくて済む
5、セーファ・セフィロスの最初の行動が「スロウ」である(※3)
6、スーパーノヴァのモーションが短い

オリジナル版でやるデメリット
1、エンカウント率が高い
2、リミットゲージの溜りが遅い
3、リミット技の習得が早い
4、パラサイトから逃げられない

こんなところです。要するに主力とする攻撃手段を

1、リミット技(オールオーバー)にするならインターナショナル版
2、チョコボックルにするならオリジナル版
3、アイテムや打撃、てきのわざ等にするのならインターナショナル版

でプレイすればよいということです。しかし、オールオーバーは(僕には)100%出せるわけではなく、下手するとこちらが一撃全滅してしまう可能性があるのでRTAでは使えません。また、強い攻撃アイテムを入手するのには敵から盗む必要があるため、安定したタイムが出せません。従ってオリジナル版でチョコボックルを主力としてプレイするのが速いタイムで安定してクリアできることになります。

※1:オリジナル版でのダメージは「使用者のレベル×パーティーが逃げた回数」で、インターナショナル版では「パーティーが逃げた回数」。
※2:敵が使う攻撃に内部的に設定されている属性。防具に「ぞくせい」マテリアと他に属性を持たないマテリアを連結させてつけることで半減、無効化、吸収できる。この属性を持つ代表的な攻撃はアルテマビームやラピスレーザー。
※3:インターナショナル版では「ウォール」なのでダメージを半減されてしまう。オールオーバー使用なら関係ないですが。

Comments are closed.