【C81】記事紹介1

コミックマーケット81 1日目(12月29日)西1 ひ13aにて当サークルが頒布する会誌の印刷が無事に終了しました。

※ポケモン特集号9号はオフセット本となります。

今回から3回に分けて記事の中身を紹介していきます。

まず最初は「通常会誌第61号(駒場祭特集号)」です。

駒場祭1日目に行われた企画「大運動会」についての記事です。大運動会とは、TGA会員が赤組と白組に分かれて、様々なゲームで、腕前や戦略、あるいは運(?)を競い、勝ち数の合計の多かったチームが勝ちとなる企画です。

種目は、スマブラDXや格ゲー、ウイイレ、TOG魔法カルタなどの対戦系のゲーム(カルタはミニゲームですが)もあれば、マリオ64 スター獲得競争、スターフォックス64 Hit数アタック、バンジョーとカズーイの大冒険のジグソー集めなど、制限時間内にどれだけ稼げるかという対決や、beatmaniaIIDXからまさかの3種目(GAMBOL対決、スコアチキンレース、ハザード対決)、極めつけは、もはや運ゲーな刹那の見斬り、と見どころは満載です。

記事の内容としては、基本的に、種目の説明や結果、各プレイヤーが事前に練った戦略、そして当日のプレイと感想、という形になっております。

こちらは駒場祭2日目に行われた企画「STGリレー実演」の記事です。この企画は、株式会社ケイブ製のSTG作品を会員が作品ごとに交代でプレイしていき、ノーコンテニュークリアの襷をつないでいく企画です。残念ながらリレー自体は失敗となりましたが、企画自体は続行し、また企画時間が大幅に余ったので、ノーコンテニュークリア失敗した「デススマイルズ」「エスプガルーダII」のリベンジを行い、更にエキシビションとして「怒首領蜂大復活」の裏2周ALL実演を行い、見事成功しました。

記事の内容は、それぞれの作品についての解説、事前に練った戦略やパターンの解説、当日のプレイ、感想などになっております。やはり最大の見どころはパターンの解説でしょう。自分でプレイする場合の参考にもなるかも?

ということで、今回はこの辺りで失礼させていただきます。

次回はFF5リカバリーTA特集号の説明になる予定です。

Comments are closed.