2008駒場祭企画紹介その2

今回紹介するのは2日目メイン企画「PS2版ドラゴンクエスト5 リカバリーTA大会」です。

 

リカバリーTA、それは、東京大学ゲーム研究会が提案する、新しいタイムアタックの形。

従来のタイムアタックは、プレイヤーが事前に立てた計画に沿ってゲーム開始からゲームクリアまでのトータルの時間を競うものでしたが、リカバリータイムアタックはプレイヤーが内容を本番のその時まで知らされないまま事前に作成されたデータから開始して、その場で提示されたクリア条件を満たすまでの時間の早さを競うという新しいスタイルのタイムアタックです。

 

従来のタイムアタックはプレイヤー自らが立てた綿密な計画に従って進行するものでしたが、リカバリータイムアタックではプレイヤーたちはどのようなデータとクリア条件(これらを「問題」と呼んでいます)が提示されるかは本番でプレイするまで知らされないので、過去のプレイ経験と幅広い知識がものを言う臨機応変な対応が求められます。

今回は過去何度もリアルタイムアタック大会が催されたPS2版ドラゴンクエスト5を題材として、ゲーム研究会の問題作成班が趣向を凝らして作成した問題に百戦錬磨のプレイヤーたちが互いに競い合いながら挑みます。

 

○プレイヤー

けい坊、えぐち、イリアス

 

○問題作成班

たこ、おコダ、0-shi、もと、グリム

Special Thanks : PON

 

 

もっと情報が欲しいという方はこちらへどうぞ。

Comments are closed.