【2012年冬コミ】会誌紹介1 会誌第67号 (駒場祭特集号 大運動会編)

今日からコミケ前日までの4日間、TGAが頒布する冊子を1冊ずつご紹介します。
まずは会誌第67号(2012年度駒場祭特集号 大運動会編)です。

例年冬コミでは駒場祭で行われた企画のレポートをまとめていますが、今回は記事の数が多くなったため、2冊に分割しました。
この第67号はそのうち1日目の「大運動会」企画のレポートを掲載した会誌です。

大運動会はTGAの会員が赤組と白組に分かれ、1種目数十分程度のゲームを使った勝負を計10種目行い、最終得点を競う企画でした。
実際に行った10種目は以下の通りです。(併せて、駒場祭大運動会のページも是非。)

・カービィのエアライド クリアチェッカー競争
ゲーム中一定の条件を満たすと解禁される「クリアチェッカー」を、制限時間内にいくつ獲得できるか競いました。
実に様々な条件が設定されている中、果たしてどの条件を選んで戦略を立てたのでしょうか?

・格闘ゲーム対決
3タイトル×3試合の真剣勝負を行いました。
スタンドを使った立ち回りが求められる「ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産」、会場を笑いの渦に巻き込んだ奇作「修羅の門」、そして往年の名作「ヴァンパイアセイヴァー」の3本です。

・スマブラ対戦
今年はDXに加えてスマブラXもやりました。
更にはガチ勝負ではなかなかお目にかかれない2on2のチーム戦も……!

・スーパーマリオギャラクシー2 ワールドS いたずら彗星 7番勝負
ギャラクシー2の隠しステージ、最高難易度を誇るワールドSに7個存在する彗星スターをそれぞれどちらが早く獲得できるか、7番勝負を行いました。
クリア安定すら難しいステージに対し、果たしてプレイヤーはどのようなパターンを組んで対抗したのか……?

・ぷよぷよ通対戦
フリー対戦20試合です。
熱い読み合いゲームをプレイヤー視点でお届けします。

・クラッシュ・バンディクー3 TA
「ステージ9 ピラミッド けんせつちゅう」「ステージ18 ゴーゴー ココマリン」の2ステージで、制限時間内にどれだけ好タイムを出せるかを競いました。
僅かなミスが記録を台無しにする極限の勝負、プレイヤー達の思い通りにいったのでしょうか。

・Minecraft 実績解除競争
PC版Minecraftで制限以内に解除できた実績の数を競いました。
この日のために構築した緻密な戦略、そしてダイヤモンドの行方は……?
当日用いられたseed値も記載しております。

・ハローキティといっしょ! ブロッククラッシュZ
ブロッククラッシュZの難関ステージ群を用い、クリアタイムや回数を競いました。
果たして真のブロッククラッシャーの座はどちらに?

・PS2版DQ5リカバリーTA対戦
恒例のReTA (同じセーブデータで始め、与えられた課題をどちらが先にクリアできるか競う競技) を今回は大運動会の中で行いました。
今回のクリア条件は「エビルマウンテンでのゲマ撃破」。仲間モンスターはRTAでも滅多に使われないモンスターばかりという中、プレイヤーはどんな判断を下したのでしょうか。
用いられたセーブデータの内容詳細と今回の最適解も収録しております。

・マリオ二人羽織
1人でもクリアできるなら、力を合わせればもっと簡単なのではないか。
この企画では1人が十字キー、もう1人がA・Bボタンを担当してスーパーマリオブラザーズをプレイしました。
大運動会のトリを飾る勝負の行方はいかに。

以上10種目の詳細なレポートを収録した会誌です。
値段は300円。TGAにお立ち寄りの際はどうぞご覧になってください。

Comments are closed.